2014-08-10

さらばチムニー、ようこそチムニー

三つのチムニーを破壊した。

何かの度に創って、その何かが終わっても無駄に部屋に溜め込んでいた大きめのチムニーを三つまとめて破壊した。破壊作業は初めてだった。暑かったせいもあったのか、上半身裸になってめちゃくちゃに突起をもぎ取り続けた。終わった頃には創る時とはまた違った爽快感を感じていた。

モノに対して思い出や情などがあってずっと壊すのをためらっていた部分もあったが、そういうのは必ずしも形として残す必要はない。古い熱水の噴出を止め、新しい熱水を噴かせる方が重要だと感じて思い立ったのかもしれない。

チムニーを創り、破壊まで関われた事はとても光栄である。ずっと憧れていた「チムニークリエイター」という称号をいただいてみようかという自覚が芽生え、その本質にも少し近づけたのかもしれない。


さらばチムニー

ようこそチムニー




「しんかい-深きものども-」出展チムニー
「しんかい-深きものども-」出展チムニー
(熱水噴出孔以外の深海生物が見えたら目を閉じて闇にする)
高さ1メートル


「ジュンク堂書店池袋本店7F」展示チムニー
「ジュンク堂書店池袋本店7F」展示チムニー
高さ1.5メートル


「なまけっと」出展チムニー椅子
「なまけっと」出展チムニー椅子
高さ2メートル


三つのチムニーを破壊して創られたチムニー
三つのチムニーを破壊して創られたチムニー