2012-10-19

「しんかい-深きものども-」初出展風景

深海中心・生物作品展示即売会
しんかい-深きものども-

東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎
2012年10月14日(日)
11:00~16:00

初出展を終えて。


曇り勝ちでどんよりした秋葉原。暴走族もブンブブ、ブンブブ・・・
テーマを考えるとまぁまぁイイ天気じゃないでしょうか。

会場へ行くと一人忙しそうにしてる人がいる。
しかし主催者かどうか自信が持てなくて、話しかけるのをためらうような、そんな人が主催者であった。腕に刺青が入ってる、と思ったらロンTの柄だったんだね、イイんだよ。

車からチムニーとか展示品などを降ろして時間までスタバで待機。
机並べなど手伝おうと会場へ戻ると、既に並べられてあって展示を開始してるブースもあった。並べてくれた方々、申し訳ない、、、そんなつもりじゃあ・・・

展示に取り掛かる。
時間はたっぷりあるのになぜかアセるアセる。
なんとかチムニーだけは、と入り口に一番近い場所に立てた。
うん、チムニーだ。

チムニーに紙粘土深海生物を置こうと、ダンボールを開けたら、やっぱりね。
ナガヅエエソの胸鰭、ホウライエソの鰭、ダイオウグソクムシの足が数本、折れてるよ。
コイツら、パーツが細すぎてモロ過ぎて梱包のしようがない。
でもね、その辺も深海生物らしくて気に入ってるからイイんだよ。
その場で接着剤で修正して展示完了。

11時になり開場。
出展者達の注目の中、来場してきたのは女性1名。。。これぞ深海。
まぁ、午後になって少し賑わってきましたな。
子供連れの親子が入ってきたけど、受付前で引き返して行った。
きっと空気が濃すぎたのだろう。

それから、わざわざ会いに来てくれた方や、ある一つの作品を見に来てくれた方や、「コレを買うと決めてました!」とか「いつも見てます!」とか「フォローさせてもらってます!」とか、、、まぁいろんな方達に見てもらえて大満足。
Webでだけじゃなく、現物を見てもらえることはウレシイモノですね。
基本、みなさんチムニーに群がって写真とか撮ってましたね。
なんだ、化学合成生態系の生物群集と変わらないじゃないか、みたいな感じでした。

来てくれたみなさん、来られなかったみなさん、主催者のみなさん、ご支持をホントに感謝してます。楽しかったので、次回開催も望んでいますが、その時はもっとマニアなモノをと思っています。


以下、少ない写真をバラバラと、、、


搬入

チムニーも寒い
展示資材搬入


深海マザーブース全景

イスの上はシロウリガイの化石
ちなみにこのチムニー(標高1メートル)は畳から噴出して成長中のチムニーとは別物
深海マザーブース全景


チムニー周りの紙粘土深海生物

ハオリムシはバラ撒いただけ
スケーリーフット/ハオリムシ/ジュウモンジダコ/ダイオウグソクムシ/ナガヅエエソ/ホウライエソ
チムニー周りの紙粘土深海生物

明王具足虫コーナー

上が明王具足虫御守、下が具足虫尾部の御守、左下が今回作った名刺
明王具足虫コーナー


菌類コーナー

飛び入り参加の女性アーティストが作った作品群
左から、古代頭足類ブレスレット/太古のぐるぐるプランツ/カビのシュシュ/ふわモコ菌類
菌類コーナー


深海まんじゅう

あの新江ノ島水族館名物が差し入れに
深海まんじゅう


主催本部らくがき企画

イカ
主催本部らくがき企画:イカ


主催本部らくがき企画

アノマロカリス
主催本部らくがき企画:アノマロカリス


主催本部らくがき企画

会場にいた謎のブタと、なにか
主催本部らくがき企画:会場にいた謎のブタと、なにか


第二回開催はまだ未定のこと。
次回があるならば、出展者も増えてもっとレベルが上がりそうだ。