2012-07-14

ナスの拷問

私はナスが嫌いである。今も昔も嫌いである。色も形も匂いも味も食感も名前も声も嫌いである。そもそも、食べ物として認めていない。


チムニーはまた新たに崩れたらしく、麓にはその分が堆積されていた。それからまた上に向かって細く長く伸びたようだ。なんだかチムニーらしい形になってきた。

上に細く長く伸びたチムニー

ところで最近、料理を頻繁にするようになった。だが突然作れと言われると何を作っていいのかわからなくなる。美味しく且つ、自分の感覚で作れるような一品がまだないのだ。しかし色々やってみなくてはと思い、ハードルの高そうな天ぷらを揚げてみようと思った。スーパーに天ぷら向きの旬の野菜がたくさん並んでいるのを知っていたからだ。

材料を買いに行こうと、食べたい食材をリサに聞く。

リサとはもう七年の付き合いになる私の大切な人だが、いつも私に対しての扱いは酷いものだ。どれぐらい酷いのかは文章で表現するのは難しいので割愛する。でもまあ、そのおかげで私の中の色々なものが引き出され、こうして豊かに生きていられるのだから有難い事だと思っている。深海マザーもチムニーもこのブログも、リサ無くして生まれる事はなかっただろう。

私 「何か揚げたいのある?」
リサ 「ナス」
私 「それ以外で・・・」
リサ 「なす」
私 「他は・・・」
リサ 「茄子」

スーパーでかぼちゃ、ししとう、いんげん、しめじ、大葉、それと、おナスを二本も買ってきた。なにやらこのナス野郎、ヘタでもつまんでそのまま油に放り込めばいいと思っていたが、下処理が必要らしいではないか。縦半分に切って、タコウインナーみたいに切れ目を入れて、水に浸し、水分をふき取り、粉をまぶし、衣を付けて、揚げる。こんなにも触らなくてはならないのか。一番手が掛かるではないか。手の掛かるヤツは可愛いと聞くが、全然可愛くないではないか。

一連の拷問を受けた後、特に病気になる事もなく、無事に茄子天としてリサに食べさせる事ができた。見た目も味も 「ぱぁぱぁ(まぁまぁ)」 との事。私がナスに対して愛がないので当然その程度だろう。

しかし後で考えると、ナスに対して一つだけ魅力を感じたことがある。それは包丁で切った時の感触だ。スパッと何とも言えない心地よい感触が未だに手に残っている。認めたくはないが、たった一つでもナスを見直す事ができたのは大きな収穫かもしれない。ただ、切った次の瞬間のあの強烈な臭さも鮮明に記憶されている。

ナスは嫌いである。

2012-07-06

立っているところ

家の水槽の飼育水が蒸発しにくい程の湿度。
この時期は蒸発分を補うための足し水を行う頻度が少なくて楽だ。


今朝、チムニーの様子をチムニーに見つからないようにこっそり覗いてみたら、先端部分の形が変わっていた。折れて下に崩れ落ちたようだ。しかし噴き出すブラックスモークは勢いを増し、折れた分を補うように成長している。このような一連の流れを繰り返しながら大きくなっていくのか。
崩れ落ちた分を補って成長するチムニー


興味で海水水槽を維持し始めてから七年以上が経つ。これまでに珊瑚礁に生きる色々な生物を飼ってみては見送ってきた。今は魚類が三匹、甲殻類が三匹、イソギンチャクが一匹生きている。もちろんこれはパッと見、生物として認識し易い生物を挙げただけだが。

水槽のメンテナンスを怠っていた時期があったせいか、どういう条件で出現するのかよくわからないが、原始的な原核生物が幅を利かせている。シアノバクテリアやトロロ状藻(正式名不明)などが岩を覆いつくすのだ。

ウィキペディア - 原核生物

こういう趣味を広い意味で ”マリンアクアリウム” と言われ、その業界は ”アクア業界” と呼ばれる。業界から言わせれば、おそらく現状は劣悪な環境の典型で、即刻なんらかの対処が必要だと非難されるだろう。だが、魚類も甲殻類もその他も長い間元気に暮らしている(私感)。

実はこの原核生物、見た目が珊瑚礁のカラフルな色合いと合わず、茶色とかくすんだ色合いが多いので、私と同じ境遇の者達にはとにかく嫌われる。私も岩からむしり取っては捨て、むしり取っては捨てを繰り返していた。

だが触れてはいけないものに触れてしまった。

むしればむしる程どんどん増えていく。
さらにむしるとさらに増える。
歯ブラシでゴシゴシしても増える。
空気に触れさせても増える。
食べても増える。
バンザイ!

自然の力に完全に叩きのめされ、その結果放置するようになって数ヶ月。今度はみるみる減っていく。何もしてないのに減っていく。目には見えないが原核生物に対抗するなにかが出現したようだ。

自然淘汰。

増えすぎたら減らす、減りすぎたら増やす。こんな光景や活動をあちらこちらで見かけるようになった。だが今も昔も私達はどこで暮らし、どこに立っているのだろう、と再確認してみる事も必要なのかもしれない。

もちろん私の場合は、チムニーの上に立っていると認識している。

2012-07-02

ピアノの音色

青い空を雲は何処へ向かうのか。
切れ間に白い月が見える。
地球の日常をよく知らない為に、そんな事を不思議に感じるままピアノを弾くいつもの昼下がり。

ふと足元を見ると、床にボブが倒れている。
白目をむいて何かを言いながらピクピクと痙攣している。
泡は吹いていない。


チムニーが太く大きくなり、今にも折れて崩れそうな状態まできている。このブラックスモーカーにはどんな成分が含まれているのだろうか。全く目には見えないが、もしかしたら既に化学合成細菌などが存在しうるかもしれない。

折れて崩れそうなチムニー

ボブはもうじき五歳になる雄の雑種犬で、生後一週間から家にいる。普段から昼寝時などでは白目に寝言、痙攣は得意だが、特にピアノの音色が流れてる間はさらにそれを発揮する。この事は幾度もの調査で分かっている。

ところで、家にはピアノ演奏が二人いる。私のようなピアノ初心者と、幼少期にレッスンを受けていた貧しきエリートピアニストだ。私の場合は、どの曲もリズムがバラバラで間違いも多く、とても美しく弾けるような技術はない。しかし、エリートピアニストに関してはリズム良く安定して弾く事が出来る。

ところが、どちらが何の曲をどのように弾いてもそんな事はボブには関係ない。どうやら穏やかな曲や美しい旋律によって寝てしまうのではなさそうだ。音楽にでも芸術にでもスポーツにでも、良くも悪くもそれらを純粋に感じてる様は美しい。

とか言いながら実は、ヘタクソな自分の演奏を黙って聴いてくれる事が、単純に嬉しいだけなのかもしれない、などと思う私である。